読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

STAY GOLD

推しにずっと輝いていてほしい

多くを望みすぎているのだろうか

最近ツイッターの下書きを確認したら40件くらいあって、そのほとんどが推しに対する愚痴と他俳優ファンへの羨望ばかりで闇深だったのでごっそり消したという個人的事件がありました。

 

私の推しはツイッターやインスタ等のSNSはやっていなくてブログだけがあります。しかしそのブログも滅多に更新されません。基本的に告知か千秋楽後の振り返りのような内容が主で、誰々とご飯に行ったとかこんな舞台を観に行ったとかいうようなプライベートに関しては一切書きません。従って生存確認も含め、必然的に稽古中や本番中はただひたすら共演者の方々のSNSを監視する毎日をおくることになります。これ、誰だかわかる人たくさんいるのではないでしょうか。

まあプライベートについて書かないのは別にいいんです。絶対的な信頼を置いているけど、うかつに変なことを書いて燃えても困るしだったら知らされないほうがいいと思っています。ただ、あまりにも更新頻度が低いのが最近ずっと納得できない。

たとえば、SNSはやっていなくてブログを3日に一回くらい、舞台期間中はほぼ毎日更新する人。ツイッターをやっていて毎日でなくてもなにかしら写真付きで投稿する、ブログも区切りの良いところで書く人。ツイッターもやってるけどブログも毎日更新してくれる人。ツイッターは全然投稿しないけどブログは毎日更新しててリンク貼ってる人。いろいろなタイプの俳優がいますが、みんなほどほどのところでなにかしら更新するんです。でも推しは全く更新しません。雑誌の告知とかもしない。生存確認くらいさせろ!みたいな。ここでまず他の俳優と比べてしまって落ち込む。

そして最近いいなあと憧れるのがニコ生です。たとえば安里くんとか和田くんとか、植ちゃんとか、自分のチャンネルを持っていますよね。ああいうコンテンツを持っている俳優のファンは素(に近い状態)の彼らを見られます。その中で最近出演した舞台の裏話を話してくれたり、お便りの質問に答えてくれたり。そういうのって聞いているととっても楽しいと思うんですが、私の場合なんとなくでみているので推しと比べてしまって同時に虚しくなるというか。チャンネル持ってる俳優のが少ないと思うのでこれは完全に無いものねだりですが。

こういうことを考えているうちにだんだん推しの「推せない」ところを考えていたり、他担のうらやましいと思うところを考えていたりした結果、なんだかすごくマイナスな気持ちになりました。他担への羨望と嫉妬にまみれた気持ちでツイッターなんか開くと最悪ですよ。今日のイベントで誰々くんと喋れて云々、チェキが云々、今日の自撮りが云々。私の推しはそもそもそんなイベントやる予定ない!最近の写真もない!って感じに闇が広がってゆく。

こんな風に考えてしまうきっかけとなったのはたぶん、以前本命の推しだった人との差が大きいからなんだと思います。かなり大手事務所で何人かでのイベントもよくやってくれていて、ブログもツイッターもあって、ファンのことを常々考えてくれていて言葉にもしてくれている聖人のような人。告知もバッチリだったし。本当にいつもいつも言葉にしていろいろなことや感謝を伝えてくれていて。そんな人をずっと追っていたら、いつの間にかそれが普通だと錯覚していたんです。でも普通じゃなかった。たまたま良い環境に置かれていただけだった。恵まれていたのだ。けど、その良い環境を作れている俳優は推しの周りにもいる。

 

人間、人それぞれですし私は推しの演技に惹かれてファンになりました。感情を揺さぶってくるような激動のお芝居も、静かに淡々と紡いでゆくようなお芝居も本当に素敵です。彼のお芝居をみて何度涙を流したか。なにか新しく舞台に出演する度にどんどん成長していっているようで心から嬉しく思います。舞台と客席との間の線引きが明確なところや、変に媚びようとせずにただ演技で魅せてゆく姿勢も素晴らしいと思います。彼はきっと、ファンを意識していない。自分の演技を極めてゆくことを第一に意識して日々をおくっているのだろうと私は勝手に思っています。(私の個人的な考えです)

でも、それとこれとは話が別なんです。芸能人である以上お芝居だけが仕事ではないでしょう。せめて告知くらい早急にしっかりと行ってほしいんです。そうでなくても3行とかひと言と写真1枚なんかでいいんです。他の俳優と比べてしまって応援していくモチベーションが下がりしんどくなるなんて、こんな馬鹿みたいなこと起きるとは思っていませんでした。そんな半端な気持ちで応援していたわけじゃなかった。実際、こうやって落ち込んでも彼が舞台の上できらきらと輝く姿を観ると改めてずっと応援していきたいと思うのです。複雑で矛盾していて気持ちの悪い感情だなあ。まとまらなくなってきたので終わりにします。

こんな思いを抱いたことのある人はいったいどれだけいるのでしょうか。

 

(勢いで書いたマイナスな内容なので後日いきなりこの記事が消えていたら察してください)