読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

STAY GOLD

推しにずっと輝いていてほしい

Dステのホーム感に泣いた

先日、舞台「柔道少年」を見てきました。私はスズナリが今回初めてだったので、座席間に人が通れる隙間がほぼなくてびっくり仰天でした。パイプ椅子だ…小劇場……。あと観劇中後ろのお姉さんのカバンがずっと私の背中に当たってたんですけど気づいてました!?椅子の下に置いてくれよな!??

 

さて、今回私は久しぶりのDステで……久しぶり?一昨ぶりなので久しぶりでもありませんでした。

で、見た人はわかると思うのですが、もう内輪ネタがすごくて。まず役名がそのままだし、他の学校の対戦相手として出てくる人たちがみんなでつのメンバーと、先輩のえんやさんと牧田さん、和田さん。さらっと名前だけ登場するタイプとウィッグまで被って誰かしらが演じているのとがありましたが、個人的にねぎたくが一番面白かったです。荒井さんがやっていたので余計に。埼玉銀河高校、、、というかあれ学校名いろいろと大丈夫なの?(笑) 元の韓国版では内輪ネタがどうなっているのかがものすごく気になります。

そんなこんなで始終笑いあふれ感動もあり、コミカルでありながら青春を感じる楽しいお話でした。あの狭い空間だったからこその楽しさもあったのかな。とにかくとっても楽しかったです。

 

私は最近どうにも彼らに関して少し怯えてしまっているところがあって。常に彼らの「お知らせ」を警戒していました。「お知らせ」ってタイトルって心臓に悪いよ。まあ自分でもちょっと過敏になりすぎていると感じます。

そういう危機感の中で今回、自分が観に行った舞台の中で彼らの繋がりというか、そういうものを感じられたことが嬉しかったんです。結構アレなモノマネでしたが、ああいうのって彼らだからこそできることで同じ事務所でもその下の子たちでは絶対に互いにできない。それを敢えて組み込んでくれたのは中屋敷さんの遊び心なんでしょうかね。感謝しかないです。単純に面白いし、なにより私はあの空間の「ホーム感」のようなものに感動すらしました。だって、あれで笑えるのってメンバーを知ってる人たちだけなんですよ。出演者の1人だけ詳しくて他はたいして知らない人が見てもあまり面白くはない。知らないものを急にぶち込まれても疑問しかわかないのが普通です。

まあ、Dステに行く人なんてほとんど99%がDの誰かしらのファンか、メンバーをある程度知っている人しかいないと思うので特に深い意味はないはずですが、「知ってるから面白い」というのを理解できる演出がこのDステであえて思いっきり組み込まれているということがなんだかいいな、と思いました。(語彙力)

やっぱり私はでつが大好きです。またみんなでイベントやってほしいな。懐かしの春どこでも引っ張り出してきて懐古に浸ります。

 

余談ですが、久々に荒井さんを見てぼんやりと数年前のでつの握手会を思い出しました。私が握手で一番楽しいと思っていたのは荒井さんだった。悪く言うと雑、良く言うと超超フレンドリーだったと記憶しています。今回本当に久々に舞台に立つ荒井さんを観ましたが、彼は観るたびにかっこいいなと思う俳優なので機会があれば里見八犬伝も観に行きたいです。機会、あるのか……?